mko's Mac Life

最近macOS 11(Big Sur)にアップデートしました。楽しいMacライフを送りながらガジェットと触れ合う生活をしています。

Surface Duoが米国で出荷を開始。

Surface Duoがアメリカで出荷をついに開始しました。
日本では「開発が間に合わない?」「2021年出荷になるかもしれない」という風に言われてましたが、ついに2020 9/10にアメリカにて販売が開始れました。

Surface Duoってなんなの?

画像1

引用元:PC Watch 「Surface Duoが米国で10日出荷開始」

Surface Duoというのは、Microsoftが開発した全く新しいSurfaceシリーズであり、中にはAndroidが搭載されているという特徴的な部分があります。

全体から見る位置付けは、「折り畳みタブレット」みたいな感じで機能でいえば他のAndroidタブよりもとても優れているといえ、拡張性も高い機種になりそうです。

画像2

引用元:teleklist
「Surface Duoのスペックに関するリーク情報が明らかに」

全体のスペックが明らかになり、モバイルにしてはすごく高性能で実用的な端末と言える機種ですが、ここでスペックを紹介。

・OS → Android 10
・スクリーン → 8.1インチ(1800✖️2700) 401ppi
・メモリ → 6GB
・ストレージ → 128/256GB
・CPU → Kryo 485(8コア、2.84GHz)
GPU → Adreno 640
・カメラ → 前面11MP、(4Kムービー対応)
・重さ → 250g
・バッテリー → Type-Cで18W充電、3577mAh
・センサー → 指紋認証、顔認証など

どうやらSurface Duoはカラー選択がシルバーのみで、画面を開いた時の暑さは僅か4.8mm!!

折り畳みで「2画面」という特徴的な点を活かして画面を分割させたり、1画面だけを利用するなんてことも可能。

画像4

スペックから評価すると、まずOSは最新のAndroid 10。
スクリーンは8.1インチで401ppiというまさかのiPhoneよりも画面が綺麗という謎仕様(褒め言葉)。

メモリはAndroidタブレットなら普通に足りるであろう6GB搭載。
今時の高性能ゲーミングスマホは6とか8GB搭載してるみたいですね。

ストレージは128GB、256GBの2つから選べます。
後々512GBモデルが出るとか?多分ないかも。。。

画像3

CPUはKryo 485とか聞いたことない。
ワイが知ってるのはIntelAMDだけね。
(GPUに関しては全く詳しくないので略)

カメラは11MPを搭載。
iPhone 11 Proは12MPですが、ほぼ劣らない画質です。
ただし、前面カメラのみなのが残念なところ。

重さは250gと、8.1インチという画面に対しては非常に軽い。
バッテリーも18W急速充電対応。

画像5

センサーは顔と指紋認証対応の2刀流。
これもAndroid機種ならではのメリットです。

全体から見る評価

最高のAndroidタブレットの一言です。
やはりWindows 10が安定だったSurfaceAndroidを搭載しても完成された機種になりそうですが、これは完全にロマンですね。
ちなみにお値段はストレージ128GBで15万円、256GBで16万円だそうです。

初めてパソコンを購入する方ならMacを買った方が幸せになれるかもしれませんが。。。

次に発売されるであろうSurface Neoも楽しみです。
Windows 10 Xの詳細はまだ明らかになってないので、Xの性質が明らかになる日もそう遠くはないでしょう。

Google Chromeの最先端を行く、Chrome Canaryとは何か。

最近、Chrome Canaryというブラウザに標準ブラウザを乗り換えました。
理由はいろいろあるのですが、その中でも一番の理由は「正式版のChromeの動作がすぐ固まる」ことです。
(Chrome Canary→読み方は"クローム カナリア"です。)

カナリアは黄色い鳥なのでそこから来てChrome Canaryも黄色いアイコンになっています。

正直、普通のChromeの動作にはめっちゃイライラしてました。
Catalinaの時から普通に固まることが多かったのでSafariをメインに使ってましたが、やはり拡張機能の利便性からChromeが必要な時が出てくることは間違いないです。

そこで、「ChromeのBeta版とかあったよな。。。」って思いました。
元々Chromeには正式公開されていないバージョンが存在がすることは知っていましたが、ちょっと「興味あるな」と思ってダウンロードして使ってみました。

画像1

Beta版とはいっても、Chromiumとは違ってGoogle公式が提供している安心ブラウザです。

で、使ってみた感想ですが、、、

とても良い!!
というのも、動作が正式版とは全然違うし塊が解消されました。
ほとんど正式版とは変わりないのですが、動作がサクサクになってより安定したのがとても嬉しい。

そもそもChrome Canaryとはなんなのか?について説明していきます。

スクリーンショット 2020-09-15 午後8.59.06

Chrome Canaryとは?
Chrome Canaryは、さっきも言った通りChromeのベータ版なのですが、新機能をいち早く使うことができる開発向けのChromeです。

追加機能を即日反映し、更新頻度は毎日更新されるので日々新しい機能が追加されています。

しかもWindowsmacOSAndroidに対応しているので幅広い方が使うことができます。
LinuxiOSはありません。

でも実験用のブラウザでもあるので動作が不安定になることもあります。
とはいってもほとんど安定するので、僕からしたら「固まることが絶対ない」っていう大きなメリットがあるので、今後もCanaryを使用していこうと思います。

常に開発版のChromeを使用することができるので、是非インストールしてみてはいかがでしょうか?

今記事は以上です。
見て下さりありがとうございました!!

Apple Storeに行ってきた。

MacBook Proを開いたらファームウェアパスワードを求められた。
一応ネットで調べてみたところ、結構な致命傷らしい...

僕は一度も設定した記憶がないのでApple Storeに行って直してもらうことにしました。

今日は名古屋のApple Storeに行ってきたけどとっても綺麗だった。
今回の目的であるMacの修理「ファームウェアパスワード」のリセットを行うためにApple Storeに入店しました。

長い話は割愛するけど今日対応してくださったスタッフ様の対応が本当によかった。

Macを修理するのには購入証明確認をして申請をする必要があるとのことだけど、コロナやiPhone 12目的で混雑している影響で「今日中にMacを修理して返却するのは難しいです。」と言われ、まぁしょうがないなぁ...と思っていました。

と、思ったけどそのスタッフ様が少し席を空けて戻ってきた後、他のスタッフ様が既に申請したくれたとのことで購入証明確認も終わらせてあるので当日ファームウェアパスワードのリセットが終わって見事直すことができた!!

今回対応してくださった方を含むスタッフの皆様の瞬足な対応のおかげで当日Macを修理することが出来ました。(本当に感謝です)
ちなみに修理費用も0円です。

スタッフ様はとってもフレンドリーに接してくれてとっても林やすかったですし、忙しい中事項をテキパキと進めてくれました。

最高です。

Macも修理出来たことなので写真を撮影してきました。
それでは、どうぞ!!

画像1

画像2

Apple Store入店前

画像3

Apple tv、本当に画面が綺麗。

画像4

iPad 第8世代、見た目は第7世代と変わらないですがチップがA12 Bionicに進化した部分がとてもgoodな部分です。

画像5

iPad Air第4世代、第3世代と比べた見た目の進化がすごいです。

画像6

iPad miniは本当に小さかったです。

iPhone 12 3台

iPhone 12、角ばった昔のデザインを見事蘇らせてくれました。

MacBook 2台

MacBook Air、Proは最新モデルというだけあって本当に美しいです。
これが最後のIntelMacになるんですね。
新しい新Macが楽しみです。

MacBook Airゴールド

ゴールドも本当に美しい。
女性の方はこういうの似合いますよね。

MacBook Pro16インチ

16インチは13インチと比べると本当に大きく見えますね。
僕の持ってるモデルのシルバーバージョンです。

画像11

シリコンケースとMagsafeが豊富すぎます。
これはiPhoneユーザーをワクワクさせるわけですね。

画像12

モデル別を利用した完璧な並べ方。
SEが4.7インチで小さく見えますね。

ワイヤレス充電

これが急速充電の源なんですね。
見た目はシンプルで充電がとても速いなんてズルいですね(笑)

ざっと軽く紹介してきましたが、Apple製品は何度みてむ美しいですね...
僕にとって最高の企業です。

いつかApple Storeで働いてみたいですね...
世界一美しいお店で働けるほど光栄なことはないです。

これからもAppleを追いかけ続けます。