mko's Mac Life

最近macOS 11(Big Sur)にアップデートしました。楽しいMacライフを送りながらガジェットと触れ合う生活をしています。

Boot CampでMacにWindowsを入れてみた。

MacWindowsを入れてみました。
Boot Campアシスタントを使って入れましたが、ライセンス認証を済ませていません。

今も制限がかかっている状態ですが、このまま使っていてもライセンス違反になるので、プロダクトキーを近日購入します。

そのためにはまずISOファイルをダウンロードしましょう♪

5GBのファイルをダウンロードするので待つ時間はめちゃ長いです。
大体40分から1時間待つ人が多いかな??

そこまで待って、ISOファイルがダウンロード出来たらメニューのBoot Campアシスタントに行きます。

そこで容量(ストレージ)の配分を決めることができる項目と、Windows 10をダウンロードする用のファイルを選択する画面が出てきます。

ちなみに僕はMacが371GB、Windowsは100GBという形でインストールしました。

ダウンロードして済ませたら再起動する画面が出るので、再起動します。
再起動後にはWindows 10のセットアップをする前の青い画面が現れます。
(雑なフォントだけど)

その画面では主にどんなWindows 10をインストールするかを選択することができます。
主なバージョンとしては、Windows 10 Home、Proなどがあります。

僕はWindows 10 Proをインストールしました。
(ライセンス認証は近日やる予定)

で、ライセンス認証をします。
プロダクトキーを持っていない方はそのままスキップ。

後々ライセンス認証は買って、済ませておきましょう。
Microsoftから正式なユーザーとして認められることは重要ですし、機能制限が開放できるので自由度が増えると言った点ではわかりやすいメリットです。

スクリーンショット 2020-06-12 17.26.29

Windows 10でマイクラをやってみたり、OfficeなどもやってみましたがMacでやるWindows 10は非常に快適です。

SurfaceなどのWindows 10用機と感覚はあまり変わらないです。
キーボードの入力設定が少し厄介だけど。。。

そんなわけでWindows 10をインストールしてみました。
みてくださり感謝なう!!