mko's Mac Life

最近macOS 11(Big Sur)にアップデートしました。楽しいMacライフを送りながらガジェットと触れ合う生活をしています。

新たなMacが未来を動かす

今年最後と言われるApple EventでApple Siliconを搭載したMacが発売されるとの情報がやってきました。

AppleMacのページのデザインが刷新され、ダークでカッコいいデザインページになりました。

8/5発表のiMacIntel製最後のMacとなり、次世代のMacに時代を入れ替えると言うことが起きましたが、2020年6月のWWDCのビデオでティムさんが最後らへんに言っていたApple Siliconの詳細が明らかになりました。

これからMacはどのような未来を描くのでしょうか?

どっちも大幅進化した新しい未来を作り上げる力

スクリーンショット 2020-11-12 21.21.10

今回新発表されたMacBook Air、Pro、Mac minimacOS Big Surのために作られたと言っても過言ではない大幅進化して帰ってきた全く新しいOSと共に歩むマシンです。

僕も今はmacOS Big Surを使っているのですが、とても使いやすい!!
Catalinaとは全然使い心地が違うし、何よりもデザインが刷新されたのがとてもやる気が湧いてしょうがないくらいです。

iOS、iPadOS化した部分もありますが、その分macOSとしての独自の進化を遂げた部分もありました。

11/17発売予定ですが、今回はその新しいMacについて探っていきます。

より美しくなったMacBook Air

スクリーンショット 2020-11-12 21.15.25

今回のMacBook Airは色々とエグいですね。
まずCPU性能が最大3.5倍高速です。←(゚Д゚)ハァ?

ここからエグいのですが、バッテリー持続時間は最大18時間と従来より6時間も持続してくれる、実質1.5倍のバッテリー性能です。

iPhoneiPadにはAppleが開発している独自のチップを搭載しているのですが、Macに独自のチップを搭載するのは今回のモデルが初めてです。

Apple Eventをみた人なら知っている方も多いと思いますが、今まではIntel製のCPUだったので、今回のモデルは未来への大きな一歩とも言えるでしょう。

MacBook Airの従来Intel Core iシリーズCPUは若干非力っていう話だったり、ベンチマークのスコアが全然高くないみたいな感じで言われてきましたが、今回のモデルはCPU性能が大幅に進化しているのでベンチマーク性能が大きく期待できそうです。

Apple Siliconは「M1」が中心ですが、来年のモデルとかになるとまた違う名前のCPUが来るかもしれませんね。

最大2TBのSSDストレージに今までと変わらない機能を持っていながら価格は前世代モデルと同じで¥104,800〜(税別)です。

 コスパ最高と言われてきた(Intel製)MacBook Air 2020でしたが、さらにコスパがよくなってしまいました。

これはめっちゃくちゃ人気が出るんじゃないんですかね?
大学生の皆様にお勧めできる1台です。

さらにパワーを兼ね備えたMacBook Pro

スクリーンショット 2020-11-12 21.30.38

基本的な進化部分はAirと変わっていません。
今年のMacBook Proは進化がえげつないんですね。

最大8コアのCPUはベンチマークのスコアの常識を覆す数字が出るのではないでしょうか?

僕のMacBook Pro16インチモデルは6コアですが、さらに2コア付け足したモデルと言うことになりますね。

やはりすごいのですね。。。
でもメモリは最大16GBまでしか積めないようです。

で、バッテリー持続時間がMac史上最高の20時間です!!
てかどうしたらこんなバッテリー性能になるんですかね?

Touch IDやTouch Barも今までのように当たり前についていますが、それで価格は¥134,800〜(税別)です。

コスパ最高のAirを買うか、¥33,000足してProを購入するかの違いにもなりますが、新Macを購入するYouTuber様も結構多いようです。

これからのMacの進化に期待です。

小さなminiでも大きな力を持つMac

スクリーンショット 2020-11-12 22.52.36

性能自体はAirやProとあまり変わらないものの、キーボードやディスプレイ(モニター)が付属していない分、本体価格は¥72,800〜(税別)と、とても購入しやすい価格です。

モニターやキーボードは自身の好きなように選ぶことができ、カスタマイズ製が高いのがMac miniのいいところです。

ただ、グラフィックボードの性能があまり強くないので、グラフィックを求めるような作業(3DCGなど)をするのには厳しいかもしれません。

このモデルもmacOS Big Surのために設計されたモデルになるのでどれだけ進化したかが楽しみです!!

 

いかがでしたでしょうか?

これからのMacの未来を飾る第1次改革はApple Siliconでした。
もしかしたら数年後にはデザイン自体が変わるかもしれませんが、これからのMacの進化がとても楽しみです。

iPhoneiPadを含めたApple製品も他の企業と同様に様々な進化を遂げているので、Apple製品の独自のカッコ良さが生まれた瞬間ですね。

今記事は以上です。
それでは、また!!