mko's Mac Life

最近macOS 11(Big Sur)にアップデートしました。楽しいMacライフを送りながらガジェットと触れ合う生活をしています。

MacBook Airと、Surface Pro、Chromebookはどれが便利??

はい、Mac vs Windowsみたいな記事になってしまいますが、今回はMacBookProよりもお手軽な価格で買えるMacBook AirSurface Pro、Chromebookは総合的にどっちが便利なのかを説明していきます。

最終的には人それぞれで、使用用途によって使い方や便利さが変わってくるということはやっぱ否めない結果になってきます。

まぁこんなことを言ってるのもあれなので、さっそく見ていきましょう!!!

その前に

今回は条件を追加していきます。とはいってもそこまで細かなものではありません。

・今回の2つのパソコンはMacBook Airは最新の2020モデル、Surface Proは人気のSurface Pro 7で対決します。
・アクセサリもすべて公式のものから取っていきます。
Chromebookにはどれが最新だとか細かく決められていないのでスタイリッシュである結構価格がお高めの方のx360 12bを取ります。

MacBook Air

今回は2020年モデルで比べていきます。

画像1

MacBook AirにはMac OSというオペレーティングシステムが積まれており、一番最新のOSは2020 4/28時点で、"Mac OS Catalina"が搭載されています。

Apple独自のOSなので、できることや使用範囲はWindowsよりも劣るかつ、Webサイト以外では少しハードな使用用途を求めてくるパソコンです。

MacBook Airは動画編集とか、デザイン系、その他など、はっきりとした目的がなければ頼もしいパソコンにはなりません。

ヒカキンさんやカズさんのような目的がはっきりとしている方向けのパソコンになりますね。それか予算に余裕がある方とかも。

でも、目的がはっきりしている分、とても便利なパソコンになります。
MacBook Airは軽いので、持ち運びをする方にとってはとても使い勝手のいいパソコンになったり、MacBookはもともと動画編集(Final Cut)とかもやりやすいパソコンでもあるので、目的がちゃんとある方向けのパソコンです。

逆に何となくで買ったみたいな人はそこまで使える相棒にはならないのかと思います。

そういえば2020モデルになってから価格が少し下がりましたね。前までは119800円~が今は104800円~になっています。15000円の差は大きいものです。

Surface Pro 7

このパソコンはMicrosoftが開発したとても人気度の高いパソコンです。瀬戸弘司さんがSurface Proのレビュー動画をあげたりしています。

やっぱパソコンといったらWindowsみたいなイメージが強い人も多いのではないでしょうか。初心者から上級者まで幅広く対応したOSなので、使用用途は主に、

動画編集、ネットサーフィン、プログラミング、ゲーム、ブログ、動画閲覧、仕事(Microsoft Office)

これらの用途が中心かと思います。Windowsは基本的にどの使用用途にでも最適化されたパソコンなので、ロマンがある方にとってはSurfaceもおすすめです。

ですがWindowsの中でもスペックの割には高いこと、ブランドで価格が高騰していることに関してはMacBookと似ていますね。

Chromebook x360 12b

このChromebook x360 12bはとてもお求めやすい価格で販売されております。50000円台で購入ができるので、ネットサーフィンやブロガーなど、重い作業を求めない方にとってはめっちゃぴったりのパソコンです。

画像2

で、皆さんも知っている通り、Google Playのアプリがパソコンで使用できることから、タブレットとしても扱えるパソコンです!!!

ただし、動画編集やマイクラ、フォトナなどの重いゲームには向いていないパソコンです。

動画編集はGoogle Playのアプリでなんとかできるくらいの性能です。でもストレージはeMMC 64GBしかないですが、Windowsパソコンとは違ってGoogle Playのアプリが使えるので、容量を圧迫しにくいんです。

Androidが好きで、パソコンのように作業効率を求めている方にお勧めです。

おすすめできるパソコンは??

結局のところ、人によってお勧めできるパソコンは違ってきます。

ガチガチに動画編集やデザイン系のお仕事に携わっている方や本格的なプログラミングをやりたい方にはMacBook Air、Pro一択。
Windowsが好きで、容量をいっぱい保存したい方やSurfaceのデザインに惹かれる方にとってはSurface ProやLaptop一択。
主にWebサービス内で活動するブロガーやネットサーフィン、動画閲覧などのそこまであまり本格的な用途を求めず、手軽な価格で購入したい方はChromebook一択。

といった感じです。

格安メーカーのWindowsパソコンを買うよりも個人的にはChromebookを買ったほうがいいかと思います。

Windowsはアプリとして入れられるものが少なく、Microsoft Storeにたまたまあったものを使うくらいしかできず、ほとんどがWebで終わってしまうのがデメリットだと感じます。

Mac OSは基本的に癖があまりなく、デザインもシンプルで見やすいといったのが特長ですね。

Chromebookはブラウザの力で爆速起動したり、サクサクWebが見れるので、下手に高いパソコン買うよりかは本格さを求めないのであればこっちが断然、金銭面や時間面でもお得です。

こういうような感じで、人によって様々ですが、僕は"html"を使ったプログラミングやlinuxの使用など、幅広いことをやってみたいので個人的にはWindowsが一番無難かと思いました。

皆さんも自分に合ったパソコンを選んで、どのように使うかをはっきりさせたうえでの検討を推奨します!!!